2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2010年1月 8日 (金)

補修完了!

Dvc30001_2 ほぼ目立たなくなりましたしなやかさも損なうことなく直すのは難しいですが、長い目で見た補修に心掛けたいですね

2007年11月14日 (水)

袖の破れです!

破れと言うより元々の革のシボからくる亀裂とでも言いますか?新品の状態ですでにあったモノでしょうか・・・。メーカーに言わせるとその位はいたし方無いとの返事、高額な買い物をしたお客様からすると頭が痛いですね。20071061

馬革は初めてですが、けっこう漉いていますね。凸凹のシボが多いところは破れやすいので今後のケア-はしっかり行って下さいね(^^)。

20071062 縫製を解いて裏側から布を貼り付けて補強します。

表面のシボに沿って熱を加えて傷を専用ペーストで埋めました。後は縫製し部分的に染め直します。 凸凹がハッキリしているので目立たなくなりまし20071065た(^^)。   2007106320071064

2007年11月 1日 (木)

袖詰めに挑戦!

元町で買ったジャケット、試作品でお安く手に入れたんですが袖が長かったんです(^^;)。

ミシンもあることだし袖詰めに挑戦しました。20071048 20071047 革の伸びを押える為の芯も入っていてシッカリした作りですね(^^)。

革が柔らかくてミシンの送りに苦労しました(^^;)。20071049

何とか完成しましたよ!この冬は袖を気にせずに着られます(^^)。20071050

2007年2月15日 (木)

おまけ?

たまにこんな補修も頼まれます。それが意外と難しいのです(^^;)。

羊革で柔らかいため傷の跡が出てしまうのです。良い方法があればいいのですが熱0736を加えると革は縮むのです。

色も車のシートと違うので調色するのにとても難しいです。0737

まだまだ勉強が足りません・・・(^^;)。