2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年7月15日 (日)

タイムスリップです!

懐かしお車がご来店です


S30です
インジェクション仕様の後期モデルでしょうか?
しかし載っているエンジンは別物です

3.1リッター改公認だそうです
最近では人気高騰して半端ない価格です

2018年3月26日 (月)

どちらを選びますか?

日中は汗ばむ陽気になりました


最新のS、70年代のS、そしてベントレーどれを選びますか?





ガレージの中に収めるならベントレーかな


300SELの運転席側フレームカバー革の張り込みをしてなかったので分解して張り込みました


やはり鉄板剥き出しではですね

フロアーマットを入れ込みました


防音材が剥がれていたので貼り直しました
雨漏りしていたのか濡れていた防音材はしっかり乾燥しました

2015年6月 6日 (土)

ランチア・アウレリアです!

モモのステアリングをご依頼してくださったオーナー様、素敵な愛車でご来店してくださいました




1956年製私より年上です

ステアリングの仕上がり喜んで頂きました

2011年3月 2日 (水)

メルセデスベンツSL(R107)です!(完成編)

3月になったと思ったら寒さが再び到来です山は麓まで真っ白になりました

塗装も完了して車体に組み込みですP1000890

P1000894 取り付け完了です

パイピング部分はビニールなのでそのままマスキングして仕上げています

運転席は張替えましたが、

違和感無く色見もほとんど違いが無く仕上がっていますP1000892

傷みが酷かった部分もこんな感じですP1000889

ヒビ割れも目立たなくなりました

破れた部分は張り替えて傷みが少ない部分を染め直す方法は費用の面でも賢い選択ですね

年月を感じさせない仕上がりになりました

P1000896

内装レストアについてのお問い合わせはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/

2011年2月26日 (土)

メルセデスベンツSL(R107)です!(下地処理編)

昨日は春のような陽気花粉が・・・花粉症の皆さんお大事にして下さい

P1000883 P1000882

ヒビ割れが発生しています

太陽に当たらない部分は比較的しなやかさが残っているのでやはり紫外線対策は必須ですね

ヒビ割れ部分の補修作業を行い下地処理を施して行きます

塗装仕上げは次回紹介しますね

旧車の内装レストアはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/

2011年2月24日 (木)

メルセデスベンツSL(R107)です!

今回は1971年に登場した着脱可能なハードトップ/ソフトトップを持つ2シーターSLのシート色染めの紹介です

今回の車両の年式は分かりませんが、既に40年位は経過しているんですね運転席は破れなど生じて張替えとなりましたが、助手席やヘットレスト、アームレストの状態は目だった破れなどは無いので染め直しとなりました

P1000819 P1000816

張替えは長年旧車の張替えを手懸ける秋山幌内張工業様で行いました

は分解された運転席です

張替え作業と同時進行で染め直し作業を行うために助手席は外して来ました

P1000821 P1000822

運転席側のパーツを先ず先に色染めします

張り替える革の色が異なるのでそれに合わせての色染めになります

P1000824 P1000826 P1000828

先ずは長年の汚れを落とします

テカリが取れてこのままでも良い感じくらいです

汚れはアルカリイオン洗浄水 ラクリンを使います泡のように見えますが汚れがあると汚れが落ちて泡のように見えます。泡は出ませんので後拭きもスッキリです

旧車の内装レストアについてはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/

2010年12月14日 (火)

ノーブルP4シートマット完成です!

時間が少々少なかったのですが、何とか納期に間に合いました。ミシンの使い方はまだまだ勉強が必要ですが、まあまあの仕上がりです

P1000658 P1000659

革の硬化はありますが、染め直しとマチの部分を交換したのでいい感じで仕上がりました

最初はこんなに傷んでいたのでどうなる事かと心配しましたが、まずまずの出来上がりですP1000635

内装レストアについてのお問い合わせはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/

2010年12月13日 (月)

縫製作業です!

染め直しも完了して、破けてしまった裏地を縫い付ける作業です

P1000650 P1000651

裏から見るとこんな感じで縫製されたミシン糸が点々とマットの形になっていますね

裏地が縫いつけられたらマチになる赤い革を縫いつけます。

P1000655 工業用ミシンでマットに赤い革を縫いつけている様子です

革が硬くなっているのでミシン針がスムーズに進まないのが苦労しますね

P1000656 座面及び背当てになるマットにもマチが縫い付けられました

折り返して縫い合わせれば作業完了です

内装レストアについての問い合わせはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/

2010年12月 8日 (水)

P4 続きです!

破れていた革の部分を取り除いて新しい革をつなぎ合わせます

P1000637 P1000638

破れた部分の周りの折り目も破れていたので三つの山を新たに縫製し直しました

折り返して縫製しているので苦労しました

後はクリップで固定している部分を縫製するとマットの型が出来上がります

2010年11月29日 (月)

フェラーリ330P4(ノーブルP4)シートマットです!

今回の依頼は破れてしまったシートマットの補修及び染め直しです。野外に放置されていたようで雨漏りによって革の状態は酷いです

はたして復元できるのでしょうか・・・

P1000635 P1000637

因みに車両はフェラーリ330P4 1960年代の車両をレプリカしたノーブルP4のようです。

どんな車か調べてみたら日本にはほとんど存在していない車両のようです

新しくした方が良いのではと思いますが、現在レストア中との事で他に費用が・・・?

レストアと言うことで時代を感じさせる物は内装のこの部分位なので良い感じで風合いを出せれば良いですね

ビンテージカーの内装復元についてはこちらから:http://www3.tokai.or.jp/fujivan-service/