2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年9月30日 (水)

完成です!

なかなかの仕上がりになりました2009003

センターマットのモコットした部分もしっかりありますね20090012009002

帯ベルトも破損した部分がつながって元の状態になりました2009006

カバーの合皮部分の破れも直って目立たなくなりました2009004 2009005

2009年9月25日 (金)

塗装準備です!

帯バンドは合皮なのでマスキングしますが、これがなかなか手間のかかる作業なんですDvc30001

ヘットレストも塗装しますDvc30005 前面塗装なので意外と大変なんです

細かい部分は刷毛で塗りますベースの黒がのりましたDvc30025Dvc30026Dvc30027

シワはあるものの革はシッカリしているのでそのままの風合いを出すためにパテ処理は行いませんでした

革の銀面がきれいです乾燥させてほこりなどチェックして仕上げのクリヤー塗装準備に入ります

2009年9月21日 (月)

パイピングの修理です!

運転席背当てのサイド部分のパイピングが擦れで穴が開いていましたDvc30002

革が薄くなっていますので革で補強して縫い直しです

これで乗り込む時も安心ですねDvc30003

これで傷んだ部分はほぼ直す事が完了しましたので、染め直し作業の準備にやっと入れますね

2009年9月20日 (日)

ウレタン劣化の補修!

運転席側のウレタンの入れ直しが完了しましたボリュームが戻り良い感じなりました。

Dvc30006 最初はこんな感じでセンターマット部分が萎んだようでしたDvc30004

入れ直した後はふっくらした感じでクションも良くなりましたDvc30008Dvc30011 

助手席側をDvc30010 分解した状態です劣化した残骸が裏地を汚しているのが分かりますね

助手席側も萎んだ感じですねDvc30020

ウレタンを入れ直した後はきちんと処理していますDvc30024

背当てのパイピング部分の破れが判明分解補修し縫製し直しですDvc30022Dvc30023

座面の帯びベルトの破損の補修も行いましたが、こちらは酷くなかったので意外にスムーズに完了ですDvc30021

2009年9月15日 (火)

シートレストアです!

センターマット部分のへタレがあります帯びバンドも何本か破れていますので先ずは分解しての作業です分解したところウレタンフォームの破れも判明補強が必要ですね

シートのサポートベルトも伸びているので張り直しますDvc30017

ウレタンで補強してありましたが、やり直します

Dvc30014ベルトを張りなおした状態です

ウレタンフォームも補強補修完了ですDvc30015Dvc30012 

帯ベルトも補修して縫製すれば完成ですDvc30013

なかなか大変な作業です

2008年7月15日 (火)

クリーニングと・・・!

排気ガスの汚れでしょうか?煤煙の黒ずみと汚れが重なっていますねそれに染め直しがされていて色落ちがありますこの年式の純正革なら色落ちが少ないのですが染め直しされているので・・・?何とか頑張って作業開始です。 200901414  200901412_2200901413

部分的に落とすと汚れが酷いことが良く分かりますね当店で販売しているアルカリイオン洗浄水を使っていますが、2倍位(通常はそのままで使用しますがデリケートな革には水で薄めて使用します)に薄めても色落ちがするので慎重に作業して行きます。

内装のコンソールなどもけっこう汚れているんですね200901416 全体的にスッキリしましたよ。

ダッシュボードの擦れを補修するのが目的だったんですが・・・?200901411

ちょっと分かりづらいのですが、エアーの噴出し口の下辺りです。外さないで出来るのでしょうかシックハックして何とか良い感じに目立たなくなりました200901415

内装にレザーワックスが塗られていたのですが、革には良くありません、汚れを付着させます。もっと悪いのは革の塗装を傷めますし、べたつきや滑りを発生させますのでくれぐれも使用は禁物です